実家という名の刑務所

何でも干渉し管理し思考までも支配する。毒親に育てられた記録。

家事の手伝いが出来なかった弊害

こんにちは、日和です。

前回≪子どもは家事に手を出すな≫で、一人暮らしをする25歳まで家事の手伝いが出来なかった話をしました。

結果、何の料理も出来ない大人になりました。

ろくに洗濯も出来ない大人になりました。


――――――


毒子は食に対してとてもこだわりがあります。

添加物は勿論のこと塩分や油は敵だという考えを持っています。
参照:子どもの事は何でも知りたい外食時のメニュー決めのルール

なので、冷凍食品やレトルト系のもの、惣菜等のラクしてご飯が食べれるものが食卓に並ぶことは1度もありませんでした。

そういう環境で育ったし毒子はそれが当たり前と主張するので
「ご飯は1から作るもの」
という擦り込みがあります。

ちなみに八百屋さんやスーパーで野菜や肉の買い物もした事もありません。

でも、いざ一人暮らし!となると買い出しも料理もしないと食べれません。

擦り込みがあるので出来合いを買うという選択肢は当然無いので。


さて八百屋さんに買い出しです。

まずは人参や玉ねぎ、じゃがいもや大根の何でも使える系を買いたいです。

が、困りました。

新鮮なものや美味しい物の選び方を知りません。

とりあえず買って帰って、使いそうな全野菜の選び方と使いかけの保存方法をネットで調べて一覧にしました。

いつ振りかの猛勉強でしたね(笑)

では次はレシピを検索して料理です。

玉ねぎ(小)1個、人参(中)1/2、ごま適量。

困りました(2回目

今、私が持ってる玉ねぎは大中小どれになるんだ?

人参半分って頭とお尻どっちなんだ、もしや縦?

適量ってなんだ、ひとつまみ程度なのか小さじ程度なのかどのくらいなの?

作れないじゃん!
↑まじです。

最初は全てグラム表記のものを探して野菜も測りながら作っていました。

今となっては野菜がグラム表記とか逆に難しい!笑

レシピもスマホの画面だと不便なので、わざわざ印刷して冷蔵庫に貼ってました。

だしの素を使っての味噌汁でも、です。

具材も調味料も切り方も”大体で良い”と思うかも知れませんが料理してきてないとその”大体”が分からないんですね。

そんなこんなで頑張ってある程度作れるくらいになった時に私にも彼氏(今の旦那)という存在が出来ました。

遠距離だったので家に何泊か来ます。

困りました(3回目w

今まで自分のお腹が膨れれば良かったので味付けなんて適当にしてきました。

人に食べさせる料理なんてした事がありません。

必死でしたね(笑)

大きな鍋やお皿も充分にないので余計に。


料理の他にも洗濯も私には難しかったです。

普通に洗うものと、ネットに入れた方が良いものやドライコースの方が良いものの区別がつきません。

なので洗濯表示を毎度チェックしてました。

毛糸系や型崩れしたくないのはドライコース、毛玉を作りたくないのや伸びやすいのはネット、とザックリ分かるまで大変でした。

あとは服を傷めない干し方とシワがつかない畳み方を気を付けるだけ…と言ってもこれも知らないので1から調べました。

裏返しに干したら日光での痛みは減るよとか、手アイロンしながら畳むと良いよとか。

本当に基本的なことですが。


掃除は保育の専門学校の時に鍛えられたのである程度出来ました。

それでも水周りの掃除はトイレ以外は良く分からないのでコツとか時短とか調べた記憶があります。

台所の排水口にアルミホイル丸めたの入れてたらヌメリが少なくなるよ、とか。


――――――


毒子は家事を結構完璧にこなしていました。

特に料理。

でも当時はそれが”完璧”なのか”普通”なのか”普通以下”なのか分からないので、私の中では毒子が基準となっていました。

だからなのか何なのか
『毒子くらいにちゃんとしなきゃ』
『怠けてるって言われたくない(言われたら面倒臭い
という気持ちがどうしてもあって無理していました。

2ヶ月位経った時でしょうか。

料理中に卵を床に落としてしまって片付けてる時に
「もう無理!」
と我慢していた何かが切れて1人で号泣しました。

それから
『毒子くらいにちゃんとしてたら持たない』
『多少怠けても良い』
という考えに変わりました。


――――――


一人暮らし始めて1番困ったのがやはり料理でしたね。

5年半経つ今、得意料理は『家にある全種類の野菜のぶっ込み炒め』です!

グラム測りながら作ってたのが嘘みたいな男の料理をしてます。

これでいいんですよ。

油たっぷり、塩コショウたっぷりでいいんですよ。

だってその方が美味しいんだもん!


毒子の猛毒、解毒始めます。


――――――


次回
【どこまで距離を詰めて良いか分からない】

気軽に毒子アンケート、コメント、読者登録、スター、ブックマーク、共有等お待ちしております。

↓応援お願いします↓
  にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
Twitter:横峰日和

子どもは家事に手を出すな

こんにちは、日和です。

パートで事務の仕事を始めてもうすぐ半年です。

契約更新もあって部長と面談したんですが、仕事っぷりを褒められました。

毒親育ちさんならきっと分かってくれると思うんですが、否定ばかりされて褒められる経験が少ないせいか褒められても『これはワナだ!』『どうせ上げて落とすんだろ』と素直に喜べない自分がいます。

今のところ落とされてないので素直に喜んでて良いですよね。


――――――


1人暮らしを始めたのは25歳の時でした。

それまでろくに料理をした事が無かったので結構苦労しました。

そして洗濯や自分の部屋以外の掃除もほぼ経験がありませんでした。

というのも。


毒子は10年以上ホームヘルパー訪問介護員)をしていて、料理や洗濯をはじめ家事全般を仕事でしてきます。

なので帰ってきたら
「はぁ…仕事でご飯作って帰ってもご飯作って…お母さんは今日何回ご飯作れば良いんでしょう」
とか、そういう事をよく言ってました。

最初の方は「手伝うよ」と台所に行ってたんですが…。


= 日和 =
何したらいい?

= 毒子 =
人参切って

= 日和 =
どんな感じで?

= 毒子 =
味噌汁に入れるから好きに切って

= 日和 =
こんな感じ?

= 毒子 =
大きい

= 日和 =
ならこんな?

= 毒子 =
こんな上品に小さくなくていい。狭い台所でもモタモタされたら邪魔ですから!もう何もしなくていい!


□ □ □ 別の日 □ □ □

= 毒子 =
リビング掃除機かけておいて

= 日和 =
分かった

--数分後

= 毒子 =
髪の毛落ちてるけど本当に掃除機かけたの?

= 日和 =
かけたつもりだったけど

= 毒子 =
これじゃ意味無いですから!最初からお母さんが掃除すれば良かった!


□ □ □ 別の日 □ □ □

= 毒子 =
洗濯物畳むくらいしてくれてもいいんじゃない?

= 日和 =
分かった、するよ

--数分後

= 毒子 =
シワついてるじゃない!(服を広げながら)丁寧に畳んだらこんな所にシワつきませんから!もういい!お母さんが全部畳み直します!


料理や掃除いきなり出来るわけないじゃん。

「こうするのよ」って教える事もなく「出来てない」の嵐。

手伝いしないとしないで「手伝え」の嵐。

手伝っても怒られ、手伝わなくても怒られる。

どっちにしても怒られる。

せっかく手伝ったのにってなる。

だったら最初からしない!って考えになるのは当然の結果。


そして毒子の帰りが遅い時に夕飯を作った事もあったんですが…。

「冷蔵庫の中の物、何でも使って良いからね」
って言われてても帰ってきてから
「これは明日の朝用で残しておいて欲しかったのに!なんで使ったの!明日どうしよう」
とか言ってくるんです。

最初から具材を決められてても切り方がどうとか言ってきます。

以後毒子の帰りが遅くなって夕飯がいくら遅くなろうが絶対夕飯作ることは無かったです。

作って文句言われるとか損じゃないですか。


掃除洗濯も同じで手伝ったとしても、どうにかして粗を探して突っついてくるんです。

そしてお礼のひとつも言わない。

やり方が気に入らなくても、手伝ってくれたことにありがとうじゃないの?

話は逸れますが私も旦那の服の畳み方が気に入らないけど、まずは畳んでくれた事にありがとうって言います。

そして気になるものは旦那が居ない時に黙って畳み直す。

洗った食器も乾きにくい置き方してても洗ってくれた事にありがとう、そして居ない時に置き方を変える。

こういうのは自分で黙ってやり直すか、こうするんだよって見せて教えないとでしょ。


文句ばっか粗を突っついてばっか。

そういう子育てをしたのは毒子。

なのに私が大きくなってから
「うちの子はだーれも家事手伝ってくれない」
「家の事ばっかりしてお母さんはこの家の奴隷なのかしら」
「(家事後)やっと座れるー。お母さんがこんなに動いてるのに日和はテレビですか」
と、しょっちゅう嫌味をたらたらと…。

手伝って欲しいなら言えばいいのにそれもしない。

むしろこっちから手伝うって言っても「お母さんがするから良い」って言うし。


きっと家事に手を出して欲しくないんでしょう。

これは私の気にし過ぎでしょうか。

それとも毒子がやっぱり毒母だという事でしょうか。


――――――


次回
【家事の手伝いが出来なかった弊害】

気軽に毒子アンケート、コメント、読者登録、スター、ブックマーク、共有等お待ちしております。

↓応援お願いします↓
  にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
Twitter:横峰日和

毒子は部屋を覗くプロ

こんにちは、日和です。

先月末に旦那が車を買い替えたんですが、それをFacebookに載せたら親父からコメントが来ました。

軽なのか、5人乗れるのか、と(笑)

毒子と違って干渉してこない親父にしては珍しい事だったので少しビックリしました。

毒子の指示で聞いてきた訳じゃないとは思うんですが何故5人乗れるか聞いてきたか謎です。

子ども作らないし他に乗せる人も居ないから5人乗れる必要無いんですけどー(笑)

全く必要の無い情報ですが、軽ではないけど4人しか乗れません。


――――――


まだ姉ちゃん・海も私も実家暮らしの頃。

海が体調を崩して部屋で寝込んでいた時の話です。

飲み物の補充をする為に毒子が海の部屋に行こうとリビングから消えたんです。

が、しばらくしても呼ぶ声もドアの音も聞こえず廊下の電気も点かないので不思議に思って海の部屋に行こうとしたら…

海の部屋の前で…

コップと飲み物を乗せたお盆を…

床に置いて…

その隣で…

毒子が…

床に這いつくばって…

ドアと床の隙間から…

部屋を

覗いていたんです

<●><●>カッ


= 日和 =
…お…お母さん…どうしたの…

= 毒子 =
海ちゃん起きてるかなーって。電気点いてなかったらまだ寝てるだろうから起こさないように静かに入ろうと思って

= 日和 =
それで覗いてたの!?

= 毒子 =
覗くって言っても電気が点いてるかどうかくらいしか分かりませんから!電気が消えてたら静かに入ろうと思って見てただけです!


ええええええええええええ

だったら静かにノックして静かに入ればいいじゃーん!

ドアと床の隙間から覗くとか有り得ないんですけどー!

逆ギレすんなよー!

恐怖なんですけどー!

覗いてる姿も恐怖だけど、何の悪びれもなく”当然のこと”だと言わんばかりの言い草にも恐怖だし、普段から私の部屋に入る前にもされてるのかと思うと恐怖。

何と言い訳をされても這いつくばってドアと床の隙間から部屋を覗いてたのは事実。

恐怖。

ホラー映画を見たようなそんな気分。

言葉が出ず血の気が引いた。


これは私の気にし過ぎでしょうか。

それとも毒子がやっぱり毒母だという事でしょうか。


――――――


次回
【子どもは家事に手を出すな】

気軽に毒子アンケート、コメント、読者登録、スター、ブックマーク、共有等お待ちしております。

↓応援お願いします↓
  にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
Twitter:横峰日和