実家という名の刑務所

何でも干渉し管理し思考までも支配する。毒親に育てられた記録。

どこまで距離を詰めて良いか分からない

こんにちは、日和です。

8日の夜にTwitter

旦那が疲れてるのか機嫌が悪いのかここ何日か口数が少ないし馬鹿につき合ってくれない。何かあった?って聞いても答えてくんなかったから自分から話そうとするまで待とうと思ったんだけど。ちょっとしつこく聞いてしまったかも。適度な所で止めときたいけど適度が分からない。これも毒の弊害。
毒子みたいに根掘り葉掘り聞くような人間になりたくないと思っていたんだが。反面教師でならないと思っていたんだが。血は争えないな。所詮蛙の子は蛙。

という病みツイートをしていたので、これのお話をしたいと思います。


――――――


心理学に『ヤマアラシのジレンマ』というものがあるのをご存じですか?

慢性疲労症候群の入院の時に心療内科の先生に教えて貰って知りました。

そして、こういう過干渉系毒親ブログでは時々見かけるワードでもあります。

ヤマアラシは一匹だと寒いから、他のヤマアラシとくっつこうとする。
しかし、くっつくと針が刺さって痛いから離れようとする。(くっつけない)
くっつきたいのにくっつけない、離れたいのに離れられない。というジレンマが人間関係に似ているというものだ。
要は、ヤマアラシと同じように、人間関係も、相手によって「針の長さ(痛いと感じる距離)」が違う中で、それぞれの距離感を覚えていって、適度な距離感を保って付き合うことが求められているということ。

とあります。

教えて貰った時、私は友達関係においてくっつくことはしないからあまりピンと来なかったけど、まさに私と毒子だなと思いました。


そして、退院する時に主治医が毒子にした話です。

= 主治医 =
『倦怠感(体のだるさ)が全くない時を0、ベッドから起き上がることも出来ない状態を10とすると、今はどのくらいか』という、見えない倦怠感が今どれだけあるのかを数値化してもらえばお母さんも接しやすいでしょう。だから、何かをしようとする時はまずはこれを聞いて無理のない範囲でさせて下さい。聞くことを決して面倒くさがらないで下さい。


□ □ □ 退院数日後 □ □ □

= 毒子 =
倦怠感(体のだるさ)は今0~10どれ?

= 日和 =
7くらいかな。ちょいきつい

= 毒子 =
7?さっき6って言ってた!1の差って何なの!

= 日和 =
何って言われても感覚だもん…。さっきよりきつくなったから1増やしたんだけど…

= 毒子 =
お母さんには数値化されても難しくて分からない!きついなら寝ときなさい!


怒るなら聞くなよ…。

分かろうとしないなら聞くなよ…。

面倒くさがるなって言われたじゃん…。
フリか何かと思ったのかな、毒子馬鹿だから。

退院後すぐは時々聞いてきて分かってくれようとしてるのかなって思ったのに…やっぱりこうなるよね。

近付いて来てくれようとしてくれたから近付いた。

そしたら近付き過ぎたのかな、結局怪我する羽目になったよ。

もうやだよ、離れよう。

□ □ □ 次の日 □ □ □

= 毒子 =
倦怠感いくつ?

= 日和 =
0。別に何ともないけど難しいなら気遣って聞かなくて良いよ

= 毒子 =
あらそう、ならもう聞かないわ!

= 日和 =
全く無くしたら入院前と何も変わらないじゃん。頻度減らすくらいで良くない?


--ってことがありました。

近付こうとすると近過ぎ、離れたいけど完全には離れられない。

ちょうどいい距離が分からないんですね。

これがヤマアラシのジレンマってやつです。

まぁお分かりの通りお互い不器用なだけなんですよ。


それが今、私と旦那・卓人の間に起こってます。

何せ私は不器用なのでちょうどいい距離が分からずに、どうしたらいいか悩んでます。

嫌なことがあっても一晩寝たらある程度リセットされる便利な頭の持ち主の卓斗が、ここ数日全く元気がありません。

きっと仕事で何かあったんだろう、疲れてるんだろう、と思ってそっとしておいたんですが耐えられずに聞いちゃったんです。

毒子みたいに、マシンガン攻撃みたいに。
(参照:選ぶ権利は与えない毒子が家族にする”質問”とは

『こんな大人になりたくないと思っていた人と同じことをしてしまった』
『私もあの人みたいになってしまうのか』
という恐怖感というか絶望感というか。

卓斗が元気ない、訳を話してくれない、という事よりもショックを受けてしまった。

そして毒妻でごめん、って。

『空気が重い』
『何があったのかも分からない』
『毒子と同じ事をしてしまった』
これらが頭の中を支配して他の事が考えられなくなって精神不安定に。

ふと気付いたら泣いてる時があるんです。

私も持たないし卓斗が話してくれるまで待ちたいけど、きっとまた耐えられなくなって同じこと繰り返すんだろうなぁ。


新婚一年目。

まだまだこれからなのに私達大丈夫なんでしょうか…。

――――――


次回
【娘たちの食費に口を出す】

気軽に毒子アンケート、コメント、読者登録、スター、ブックマーク、共有等お待ちしております。

↓応援お願いします↓
  にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
Twitter:横峰日和